2011年09月16日

「セクシーに生きる ― 年を重ねるほどに、フランス女性が輝きを増す秘密」ジェイミー・キャット・キャラン (著)

この本は、フランス人の祖母を持つアメリカ人女性が、書いた本である。


アメリカ人女性がなぜ恋愛で自爆するのか?
この本で気持ちがいいくらいスッキリと説明されている。


そして、なんでもかんでもアメリカに右へならえで、
アメリカ式に行動しさえすればすべてがうまくいくはずと信じてきた日本人女性に
キャリアをはじめとするほかの分野ではことごとく成功を手中にしているのに、
なぜか呪われたように恋愛だけはうまくいかないという人が多い理由を、
わたしはこの本から読み解いた。

「カツマー」とか呼ばれている女性たちね(笑)




愛はてまひまかけてじっくりと育むもの。
ファーストフードはいただけません。


これが著者が一貫して訴えている恋愛哲学のようだ。


考えてみれば、
大学の時のフランス人教授の奥様、
在欧時代のフランス人の女性同僚たち、
フランス人の友人のお母様など、
わたしがこれまでに遭遇してきたフランス人女性には、
こんな感じの人がやはり多かった気がする。


さ、これからエルメスのシルクスカーフを巻いて、
ゲランの香水をひと吹きして、
マリアージュフレールのお店に紅茶をいただきにいくとしよう♪





セクシーに生きる ― 年を重ねるほどに、フランス女性が輝きを増す秘密 [単行本] / ジェイミー・キャット・キャラン (著); 永峯 涼 (翻訳); プレジデント社 (刊)
posted by このはなさくや at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。