2010年06月08日

「宇宙力を味方にして成功・幸福を引き寄せる」矢口紀義 著

この本の著者の方と偶然twitterでつながることができました。


おもしろいことなのですが、
アマゾンでほかの本を購入していた時に、
類似のジャンルのお勧め書籍リストにこの本が載っていたのをみて、
興味深いなと感じたのでワンクリック注文した直後の出来事でした。


twitterでtweetやメッセージのやり取りを通じて、
おおらかで懐の広い、若者たちを暖かく見守ってくれるまなざしを感じました。


この本の内容は、
引き寄せの法則や潜在意識の仕組みについて懇切丁寧に
わかりやすく解説しているものですが、
わたしが一番感銘を受けた個所をご紹介することにします。



わたしの故郷である山形出身の小説家、
藤沢周平氏の成功の陰にあったもののことについてです。


藤沢氏の最初の妻は、娘さんを生んだ直後に亡くなられたそうです。


藤沢氏はその後まもなく再婚したそうですが、
再婚の理由が、娘さんのためだったそうです。


乳飲み子の父親ですから、当然藤沢氏も若い男性だった時代でしょう。


そのまだまだ若い男性である自分のために伴侶を選んだというより、
「この子には母親が必要だ。」と、
娘さんのよき母親となってくれる女性を探したということです。


女の子が健全に育っていくためには、
そのモデルとなってくれる母親は必要ですから。


ところが、その女性が素晴らしい方で、
娘さんのためにはもちろん、
再婚後本格的に小説を書き出した藤沢氏本人にとっても、
またとない伴侶・秘書役になったとのことです。


注目されるのは、身体が弱く暗い気分に襲われがちな彼が、
あれだけ多くの名作をかけたのは、
平凡に見えるが明るい二人の女性がそばにいたためではないか、
ということであると、
本書の著者である矢口氏は指摘しています。


この視点は、男性の才能を引き出し育てる女性、
“あげまん”の研究をしているわたしも、大いに賛同します。


大英帝国が誇る知的巨人トーマス・カーライルの成功の陰の、
ジェーン夫人の存在について、
かつてわたしがエッセイを書いたとおりです。

→ http://solar-lunar.livedoor.biz/archives/733982.html



著者・矢口氏の言葉です。


「藤沢周平の本質にある善良な人間性と娘さんへの良かれと思う気持ちが、
素晴らしい妻を引き寄せたのではないでしょうか。
娘と妻の二人こそが、
藤沢周平の小説を生んだ原動力だったと思います。」



女性のみなさん。

あなたの最愛の男性の天才性を引き出す、
“あげまん”になってみたくありませんか?



男性のみなさん。

あなたを信じきり、
あなたご自身ですら気づかなかった才能を引き出してくれる、
そんな“あげまん”を引き寄せてみたくありませんか?





宇宙力を味方にして成功・幸福を引き寄せる

宇宙力を味方にして成功・幸福を引き寄せる

  • 作者: 矢口 紀義
  • 出版社/メーカー: セルバ出版
  • 発売日: 2009/12/15
  • メディア: 単行本









posted by このはなさくや at 10:38| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。